image


集計期間:2018年2月5日~2月11日(メディアクリエイト調べ)


1. モンスターハンター:ワールド(PS4)
159,613/累計:1,750,969

2. 真・三國無双8 (PS4) NEW
117,495 /累計: 117,495

3. ソードアート・オンライン フェイタル・バレット(PS4)NEW
75,623 /累計: 75,623

4. スプラトゥーン2 (Switch)
23,461 /累計: 2,021,028

5. ワンダと巨像(PS4)NEW
21,900 /累計: 21,900

6. マリオカート8 デラックス(Switch)
19,210 /累計: 1,327,107

7. マリオ+ラビッツ キングダムバトル(Switch)
15,755 /累計: 129,815

8. ドラゴンボール ファイターズ(PS4)
14,237 /累計: 82,968

9. スーパーマリオ オデッセイ(Switch)
13,912 /累計: 1,601,866

10. ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(Switch)
12,087 /累計: 859,764


◆ハード販売台数
PS4/59,691
Switch/43,404
PS4 Pro/11,615
New2DS LL/6,031
Vita/4,133
New3DS LL/3,581
2DS/904
Xbox One X/209
Xbox One/52


[引用元:4gamer.net

<<先週のランキング




今週のゲーム販売本数ランキングは、シリーズ初のオープンワールドマップを採用した、PS4『真・三國無双8』が初週11万本を販売して第2位。前作のPS3『真・三國無双7』の初週20万本から約半減となりました。

今作は作品の評価もかなり低いので、それでスルーした人は多そうですね。『7』までのマンネリを打開するためのオープンワールド化だったのですが、残念ながら悪い方向に転んでしまったようです。




PS4『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』は初週7.5万本を販売して第3位にランクイン。

こちらも前作、PS4/Vita『ソードアート・オンライン ホロウ・リアリゼーション 』の合計14万本から半減。単純にマルチプラットフォームからPS Vitaを切った分がそのまま抜けてしまったという感じでしょうか。

というか、全体的に他のPS4タイトルも含めて『モンスターハンター:ワールド』と発売時期が近かったのが痛かったかもしれません…。




ハード市場では、PS4本体が7.1万台を販売して今週もトップ。『モンハンワールド』の発売から3週目になりますが、未だに効果が持続している模様。Nintendo Switchは4.3万台と先週からほぼ変わらず安定していますね。

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-2100AB01)
PlayStation 4
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

スポンサーリンク