image



発売1年目にして、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』や『スーパーマリオ オデッセイ』など、名作タイトルが多数リリースされている「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」。

レビュー集積サイト「メタスコア(Metacritic)」にて、Wii U/PS4/XboxOneで90点以上を獲得した発売1年目のタイトルのみを集計した結果、スイッチが最も多くの90点越えタイトルがリリースされていることが判明しています。



◆Wii U
スーパーマリオ 3Dワールド:93
レイマンレジェンド:92
ゼルダの伝説:風のタクトHD:90

◆PS4
グランド・セフト・オートV:97
The Last of Us Remastered:96
Flower:91
ディアブロ3:90
レイマンレジェンド:90
FEZ:90

◆Xbox One
グランド・セフト・オートV:97

◆Nintendo Switch
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド:97
スーパーマリオ オデッセイ:97
Celeste:93
マリオカート8 デラックス:92
ベヨネッタ 2:91
ショベルナイト:91
SteamWorld Heist Ultimate Edition:90






ということで、ニンテンドースイッチはまだ最初の1年が終了していないにも関わらず、他のハードの1年目と比較しても、90点以上の良作タイトルが計7本と最も多いという結果になりました。

大抵の場合、ゲーム機というのは2年目以降から高評価タイトルが揃うことが多いので、1年目でこれだけのタイトルが揃ったというのは異例中の異例でしょう。

まあ1年目のラインナップがあまりにも凄すぎたので、2年目も同じレベルを期待するのは酷というものですが、E3で新たな目玉タイトルの発表に期待したいですね。



関連記事
ニンテンドースイッチ版『ベヨネッタ 1・2』がメタスコア90点の高評価!再ヒットなるか?

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のメタスコアは98点!満点レビューの嵐




スポンサーリンク