image


集計期間:2018年2月19日~2月25日(メディアクリエイト調べ)


1. モンスターハンター:ワールド(PS4)
53,982 /累計:1,890,273

2. ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ(PS4)
46,411 /累計: 46,411

3. メタルギア サヴァイヴ(PS4)
31,359 /累計: 31,359

4. 閃乱カグラ Burst Re:Newal (PS4)
24,118 /累計: 24,118

5. スプラトゥーン2 (Switch)
19,501 /累計: 2,062,345

6. マリオカート8 デラックス(Switch)
17,259 /累計: 1,363,646

7. ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(Switch)
12,252 /累計: 883,780

8. スーパーマリオ オデッセイ(Switch)
11,639 /累計: 1,626,145

9. 真・三國無双8 (PS4)
8,959 /累計: 147,634

10. 遙かなる時空の中で Ultimate (Vita)
8,833 /累計: 8,833



◆ハード販売台数
Switch/39,696
PS4/29,392
New2DS LL/6,693
PS4 Pro/5,383
Vita/5,017
New3DS LL/3,693
2DS/850
Xbox One X/139
Xbox One/135


[引用元:4gamer.net



METAL GEAR SURVIVE - PS4

今週のゲーム販売本数ランキングは、『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』の世界観を再構築した、スピンオフ作品『 METAL GEAR SURVIVE(メタルギア サヴァイヴ)』が初週3.1万本を販売して第3位にランクイン。

本編であるPS4/PS3『メタルギアソリッドV:TPP』の初週40万本の10分の1以下の出足となりました。

発表時から『メタルギア』ファンから叩かれてまくっていたタイトルですが、内容はそれなりに良くできているようで、売上の方も思ったよりは売れたなという印象でしょうか。まあコナミの目標に達しているかどうかは不明ですが。


Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

ハード市場では、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)が3.9万台を販売して、7週ぶりにトップに返り咲きました。2月の目玉タイトルのリリースがない中でも、ソフトとハード両方が安定して売れていますね。

そして『モンスターハンター:ワールド』効果で台数が伸びていたPS4は今週は3.4万台。品薄の影響もあると思いますが、徐々に元の水準に戻りつつあるようです。


関連記事
「モンハン特需」でPS4が好調。ニンテンドースイッチは人気が落ち着き、状況が逆転へ


スポンサーリンク