image



ソニー・インタラクティブエンタテイメント(SIE)は本日3月28日、PlayStation4用バーチャルリアリティシステム『PlayStation VR(PlayStation Camera同梱版)」の値下げを発表しました。

2018年3月29日(木)より、従来価格の44,980円(税別)から新価格34,980円(税別)へと改正されます。


image



PS VRは2016年10月に販売開始。1年後の2017年10月には、PSカメラ同梱版の価格が49,980円→44,980円へと値下げ、また配線周りの見直しなどを図った新モデルがリリースされていました。

現在までに対応タイトル数は300本を超えており、今後も『実況パワフルプロ野球2018』、『ねこあつめ VR』、『ONE PIECE GRAND CRUISE』、『Blood & Truth』、『Bravo Team』、『Firewall Zero Hour』などのリリースを予定しているとのこと。


***************

価格に関してはついに3万円代ということで、かなり頑張りましたね。前から購入を検討されていた方はこのタイミングで買ってしまってもいいかと。

あとはやっぱり軽量化とか配線の問題ですかね。その辺をクリアした新型が同じ価格で発売されれば完璧だけど、まだまだ先だろうなぁ。


関連記事
PSVRのブームはなぜ一瞬で終わったのか? 性能の低さ、コンテンツ不足など

小島監督『VRは物語を入れるのに向かない。VR元年と言われてるが一度波が引くと思う。そこからが見せ場』



[引用元:jp.playstation.com


スポンサーリンク