image



2018年9月4日に欧米地域でも発売されることが決定した、PS4用ソフト『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』。

本作のニンテンドースイッチ版について、まだ開発には長い時間がかかるため2018年内には発売されないことが明らかになりました。





スクウェア・エニックスがIGNに明かしたところによると、「北米と欧州向けにもスイッチ版を開発中」としながらも、「技術的な観点から開発には長い時間がかかると予想されているため、リリースまではまだ長い道のりがある」 とコメント。

さらにスクエニ広報担当者は、ニンテンドースイッチ版の発売時期について、2018年内にリリースされないことも明かしています。

またこのことについて、The Wall Street Journalの望月崇氏が改めてスクエニに問い合わせたところ、「2018年に出ないといった発言があったことは認識しているが、発売時期について今お伝えできることはない」との回答があったとのこと。



ニンテンドースイッチ版が初めて発表されたのは、まだスイッチが「NX」というコードネームで呼ばれていた、2015年7月の「ドラクエ新作発表会」。

以前にも堀井雄二さんと齋藤Pが、スイッチ版はPS4版の開発エンジンと対応バージョンが異なることから、最適化に時間がかかっていると語っていたので、実際想定より遅れてるのは事実なのでしょうけど…。

今思うと、ここまで発売が遅れるのなら、あのタイミングで発表すべきではなかった…。


関連記事
Nintendo Switch版『ドラゴンクエスト11』は、Unreal Engine 4で開発中


スポンサーリンク