image



2017年3月3日に発売された、Nintendo Switchの対戦アクションゲーム『スーパーボンバーマン R』。

ニンテンドースイッチのローンチタイトルとしてリリースされ注目された本作ですが、ついに累計出荷本数100万本が視野に入ったことが、コナミ早川英樹社長のインタビューより明らかになっています。


――その中で、うまくいった例を具体的に挙げるとすると?

早川氏: Switchのローンチタイトルとして出した『スーパーボンバーマン R』(2017年3月発売)です。Switchが2つのジョイコン(Joy-Con)を備えた家庭用ゲーム機ということで、その特性に合わせてクリエーターが企画を考え、それがお客様に受け入れられたということが成果として非常に大きかったと考えています。まさに我々が目指してきたことです。


――『ボンバーマン』は、キャラクターを動かしながら爆弾を設置して、爆風で敵を倒していくゲームですね。家庭用ゲーム機向けとしては久しぶりの新作です。

早川氏: サードパーティーのローンチタイトルとして唯一の完全新作だったということもあり、おかげさまで100万本出荷も視野に入っています。日本だけではなく、欧米をはじめとする幅広い地域で楽しんでいただいていますね。また、6月14日にPS4、Xbox One、Steam向けにも提供することが決まりました。

[引用元:trendy.nikkeibp.co.jp



『スーパーボンバーマン R』は、ニンテンドースイッチのハードやユーザーとの相性が良かったこともありますが、なによりサードパーティーの中で いち早く完全新作を用意出来たことが大きそう。

なお本作は、2018年6月14日にPS4/Xbox One/Steam向けにもリリースされることが決定しています。






スポンサーリンク