image



ゲーム総合情報誌「ファミ通」より、2018年3月(2018年2月26日~2018年3月25日)の国内家庭用ゲームソフト&ハードの売上データを発表されました。


【家庭用ゲームソフト 月間売上本数】
1. 星のカービィ スターアライズ(Switch)/ 任天堂 / 317,961本
2. 北斗が如く(PS4)/ セガゲームス / 155,378本
3. スプラトゥーン2(Switch)/ 任天堂 / 92,362本
4. モンスターハンター:ワールド(PS4)/ カプコン / 88,389本
5. マリオカート8 デラックス(Switch)/ 任天堂 / 55,410本

【家庭用ゲームハード 月間売上台数】
1. Nintendo Switch / 188,951台
2. プレイステーション4(合計)/ 93,186台

【家庭用ゲームソフト メーカー別売上本数】
1. 任天堂 / 68.2万本
2. セガゲームス / 22.1万本
3. コーエーテクモゲームス / 15.3万本

[引用元:famitsu.com



2018年3月のソフト販売本数は、Nintendo Switch用ソフト『星のカービィ スターアライズ』が31万本を販売してトップとなりました。

3月は新作タイトルのリリースが少なく、ランクインしたのは『星のカービィ スターアライズ』と『北斗が如く』のみとなっています。

また『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は、Nintendo Switch版とWii Uの2機種合計で100万本を突破。N64で発売された名作『時のオカリナ』の累計114万本に次いで、シリーズ歴代2位の売上を記録しました。

ハード市場では、ニンテンドースイッチが18万台を販売して、3ヶ月ぶりに首位を奪還。累計でも400万台を突破しています。また2月に26万台を販売してトップだったPS4は、3月は9.3万台へと減少して2位となりました。




スポンサーリンク