image


車でサッカーを行う架空のスポーツゲーム『ロケットリーグ』の更新データの配信が開始となりました。

以前にも告知されていた通り、このアップデートによりNintendo Switch版のパフォーマンスが向上します。





これまでニンテンドースイッチ版の解像度は、TVモードが720p、携帯モードが576pと、他機種版と比較するとかなり劣っていました。そして今回のアップデートで、「パフォーマンス重視」と「クオリティ重視」の2つのモードが追加されます。

パフォーマンス重視」では、TVモードが900p/60fps、携帯モードが720p/60fps。

クオリティ重視」では、TVモードが1080p/30fps、携帯モードが720p/30fpsとなります。

アップデート後、「オプション」の「ビデオ」からモードを選択することが出来ます。

「パフォーマンスモード」と「クオリティモード」を比較した映像も公開されているので参考にどうぞ。



私も早速アップデートしてみましたが、一目で分かるくらい綺麗になっていますね。これで初期の不満点はほぼ解消されました。

また、ニンテンドースイッチの30秒の動画撮影モードにも対応しています。


関連記事
Nintendo Switch版『マインクラフト』、TVモードでの解像度が1080p対応へ!


スポンサーリンク