image




毎年開催されるゲーム開発者を中心としたカンファレンス、『ゲーム デペロッパーズ カンファレンス 2018(Game Developers Conference 2018)(GDC)』にて、Nintendo Switch用ソフト『ARMS(アームズ)』の矢吹光佑プロデューサーが登壇。

『ARMS』の開発段階のプロトタイプ映像を公開しました。





image
image



image
image



image
image



『スプラトゥーン』の豆腐の試作品の時もそうでしたが、この段階で「アーム」の挙動も含めてゲームの骨組み部分はほぼ完成していることが分かります。

任天堂のプロトタイプではビジュアルは気にしないとのことで、箱やタマが動いてるだけでもゲームデザインは確認できるそうです。

また製品版には収録されなかった「ボーリング」のようなミニゲームも確認。このように試作の全てが製品版に収録されるわけではないとのこと。

image



↓『スプラトゥーン』のプロトタイプ映像も


関連記事
『スプラトゥーン』のキャラクターが「イカ」になった理由とは?



スポンサーリンク