image



東洋経済オンラインにて、企業に対する好き/嫌いの度合いを示す「企業好感度」の高い会社を集計した、「企業好感度の高い企業トップ300社」が発表。

調査対象は13~69歳の男女約7400人。「第74回JNNデータバンク定例全国調査」を基に、日本人になじみのある企業・ブランドについて、「好感を持っている」と回答した割合を「好感度」として上位300社が公開されています。


◆好感度が高い会社(1〜50位)
image


51位以下はコチラ



第1位は3年連続でセブンイレブン。調査対象の42%が好感を持っていると回答しており、ダントツの1位となっています。

ソニーは昨年の20位から18位に上昇。好感度は25%となかなかの高水準。

任天堂は昨年の69位から42位に上昇。好感度は19%となっています。ゲーム会社は高齢層からの支持を得にくいので、この手のランキングでは弱いはずですが、そんな中でもかなり健闘していますね。

正直、個人的にあまりピンとこないランキングですが、商品だけでなくTVCMなどの広告なんかもブランドイメージに影響してるのかと。


関連記事
今、女の子に最も人気のゲームキャラは?女の子の好きなゲームキャラTOP20が公開!

フォーブス「世界で最も信頼される企業 250社」を発表!任天堂も上位にランクイン!


スポンサーリンク