image



Nintendo Switchのとある大人気ゲームにハマっていたという、朝日新聞文化くらし報道部の記者が、取材で話を聞きに訪れた病院で「ゲーム依存症の予備軍」と診断されたという記事が公開されています。


 「ゲーム依存症の予備軍ですね」。

4月下旬、取材で話を聞きに行った病院で、自分自身のゲームとの付き合い方を説明すると、医師は苦笑いしながら告げた。31歳、まさか社会人の自分が、依存症予備軍とは……。自分の体験を振り返りながら、ゲーム依存が広がる背景や現状を聞いた。

image

↑日本で最初にネット依存外来を開いた国立病院機構・久里浜医療センター(神奈川県横須賀市)の中山秀紀医師


はまることはないと自信を持っていた

 話を聞いたのは、日本で最初にネット依存外来を開いた国立病院機構・久里浜医療センターの中山秀紀医師。

 私は、昨年7月、任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を買った。

 ゲーム機を買ったのは高校以来。品薄とのニュースを見て興味本位で購入したが、社会人となった今、はまることはないと自信を持っていた。その時点では……。


オンラインゲームの落とし穴

 一緒に買ったシューティングオンラインゲーム「スプラトゥーン2」は、4対4のチームに分かれ、違う色のインクを塗り合い、最後に塗った面積が広いチームが勝利というのが基本的なルール。

 まず驚いたのは、ゲーム機をインターネットとつなぎ、リアルタイムで世界の人たちと協力、対戦ができるオンライン機能だ。

 高校時代に遊んだゲームは、一度クリアしたら終わりで、「ゴール」があった。ただ、今回買ったゲームはインターネットを通じてゲーム内容が毎週のように更新されて、終わりがない。


image



仕事を終えた深夜から「もう1試合だけ」

 ステージや武器が追加されるたび、「少し試してみるか」とついついゲームのスイッチを入れた。

 ゲームを始めるのは仕事を終えた深夜から。1試合3~5分だが、「もう1試合だけ」と続け、気づくと深夜3時。朝も仕事で6時前に起き、昼間は眠気との戦いに。休日は一日中遊び、習慣だったランニングや筋トレの時間も減った。2人で暮らす妻との遠出も少なくなった。

 一方、試合で負けが続くとイライラし、コントローラーを投げそうになったことも多かった。妻には、ゲーム中は怖いから声をかけたくないと言われた。


[引用元:withnews.jp



最終的にこの記者は、一日中『スプラトゥーン』のことばかり考えてしまっていることに危機感を覚え、ゲーム機をダンボールにしまい遮断したそうです。

記事を読む限り、この程度で「依存症予備軍」と診断されるなら、かなりの人が当てはまりそうな気もしますが…。スイッチの『スプラトゥーン2』なら何年もハマってたというわけじゃないですし。

ネットやゲームなど近代的な趣味には依存症と診断されるけど、読書や映画鑑賞だと言われないのも変な話だ。

それにしてもこの記者の哀愁に満ちた文章はなんか笑えますね。

そんなに夢中になれる趣味ならいいのでは?という気もしますが、そもそもゲームをやってる時間を全くの無駄だと感じてしまっているようなので、そういう人は根本的にゲームに向いてないのでしょう。



関連記事
ゲームに熱中し過ぎは精神障害? WHOが「ゲーム障害」を精神衛生疾患に分類する草案

ゲーム禁止の子供、成績に影響なし。ゲームOKの子の方が家族との会話や友達の数も多いと判明!

銃乱射事件、ケンタッキー州知事が「暴力的なゲーム」を批判。「ポルノと同じガラクタ」



スポンサーリンク