image


集計期間:2018年5月28日~6月3日(メディアクリエイト調べ)


1. ダークソウル リマスター(PS4)
19,870 91,608

2. Detroit:Become Human(PS4)
16,932 /累計:56,480

3. スプラトゥーン2(Switch)
14,317 /累計: 2,350,839

4. BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE (PS4) NEW
11,696 /累計: 11,696

5. ドンキーコング トロピカルフリーズ(Switch)
11,534 /累計: 154,571

6. マリオカート8 デラックス(Switch)
10,656 /累計: 1,562,148

7. フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ(PS4)NEW
10,520 /累計: 10,520

8. 星のカービィ スターアライズ(Switch)
8,655 /累計: 517,963

9. ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(Switch)
6,722 /累計: 1,004,689

10. 嘘つき姫と盲目王子(PS4)NEW
6,487 /累計: 6,487


◆ハード販売台数
Switch/40,587
PS4/13,025
PS4 Pro/5,146
New2DS LL/3,828
New3DS LL/2,653
Vita/2,393
2DS/337
Xbox One/73
Xbox One X/62


<<先週の売上ランキング

[引用元:4gamer.net





今週の国内ゲーム販売本数ランキングでは、2017年3月3日に発売となったNintendo Switch版『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が累計100万本を突破しました。

Wii U版との合算では既に100万本を突破していましたが、ついにニンテンドースイッチ版だけでも達成。

過去の3Dゼルダの国内売上は、N64『時のオカリナ』が114万本、『ムジュラの仮面』が60万本、GC『風のタクト』が74万本、Wii/GC『トワイライトプリンセス』 が64万本、Wii『スカイウォードソード』が36万本となっており、『ブレス オブ ザ ワイルド』は歴代2作目のミリオンタイトルとなっています。





『BLAZBLUE』シリーズ最新作、PS4/Switch『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE(ブレイブルー クロスタッグバトル)』は2機種合計で初週1.6万本を販売。

機種別では、PS4版が11,696万本、Nintendo Switch版が4,272本と、PS4版の販売本数が大きく上回る結果となっています。





日本一ソフトウェアの新作アドベンチャーゲーム『嘘つき姫と盲目王子』は初週合計1.7万本を販売。

PS4版が6,487本、Switch版が6,412本、PS Vita版が4,519本となっており、こちらはPS4版とSwitch版がほぼ同数の売上となりました。



関連記事
【祝】『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が全世界1000万本を突破し、シリーズ歴代最高売上を記録!

東野幸治さん「スイッチのゼルダが面白すぎて」右手に10針縫う怪我



スポンサーリンク