image




2018年12月7日に発売を予定している、Nintendo Switch用ソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』。

様々な任天堂のキャラクターが一堂に会する本作のパッケージイラストにおいて、何故かドイツ版だけ「ある人気キャラ」が消されていることが話題になっています。

それでは各国のパッケージを見比べてみましょう。


▼米国版
image


▼欧州版(ドイツは除く)
image


▼ドイツ版
image



正解は…。


image


ヨッシーでした。


理由は単純なもので、ドイツはレーティング(ソフトウェア事前審査機構)のロゴが他国よりも大きく、そのままだとロゴでピカチュウの顔が隠れてしまいます。そこでヨッシーを消してピカチュウが映るよう配置をずらしたというもの。

そもそもこのロゴのせいで、他のキャラやタイトルロゴの配置もずれてしまっていますね…。

あまり見栄えもよろしくないので、発売までに修正して欲しいですが、ロゴのサイズは統一されているので改善は多分難しいだろうなぁ。





関連記事
『スーパーマリオ オデッセイ』海外パッケージのデザインが変更、メキシコ人風マリオへの差別批判を受けてか?


スポンサーリンク