image




ゲオが2018年6月18日〜6月24日の新品ゲームソフト週間売上ランキングを公開。

2018年6月22日に発売された、Nintendo Switch用ソフト『マリオテニス エース』が過去作と比較して最高の販売数を記録して、初登場第1位を獲得しました。


1. マリオテニス エース
2. New ガンダムブレイカー
3. Minecraft
4. スプラトゥーン2
5. Fate/EXTELLA LINK
6. キングダム ハーツ -HD 1.5+2.5 リミックス-
7. マリオカート8 デラックス
8. Detroit: Become Human
9. DARK SOULS REMASTERED
10. ドンキーコング トロピカルフリーズ

[引用元:famitsu.com




バイヤーコメントによると、初登場1位となった『マリオテニス エース』は、「マリオテニス」シリーズの過去作と比較しても最高の販売本数になったとのこと。

Wii U版から大幅に進化したゲーム内容と、任天堂が目玉タイトルとして大々的に宣伝を打ったことで、好調な滑り出しとなりました。またゲオではオリジナルスポーツバッグとのセット商品も販売していたことも影響したそうです。

また3位にはNintendo Switchのパッケージ版『Minecraft』がランクイン。ダウンロード版の後発ながらも、大幅なアップデートにより好調な売上を記録しています。



関連記事
Switch『マリオテニスエース』とWii U『ウルトラスマッシュ』のグラフィック比較映像が公開!





スポンサーリンク