image




いよいよ2018年9月よりサービス開始となる、Nintendo Switchの有料オンラインサービス「Nintendo Switch Online」。これによりNintendo Switchでのオンライン対戦・協力プレイが有料となります。

『スプラトゥーン2』のようなオンラインプレイがメインのタイトルでは、オンライン有料化がユーザー減少に繋がるのではないかと懸念する声も上がっていますが。

これに対して、『スプラトゥーン2』のプロデューサー野上恒氏が海外メディアPolygonのインタビューにてコメントしています。


image



野上氏によると、「影響がないとは言えない」と、これまで無料だったものが有料になることによる影響は否定できないとしています。

しかしながら『スプラトゥーン2』では、コミュニティへのコミットメントを倍増させるために「Nintendo Switch Online」の機能を活用するとのことで、このゲームのサポートをますます充実させると語りました。



***************


有料化によるユーザー人口への影響については、実際に始めてみないことには分からない部分もありますが、さすがに全く影響がないということはないでしょう。

普通に考えると、『スプラトゥーン』のようにオンラインがメインのゲームでは、有料化によってオンライン人口の割合が減ることはあっても、増えることはありえないわけなので。

ただオンライン機能が充実することによるメリットは当然ありますし。任天堂としても、利用料金を月額300円/年間2400円と安く設定して、その他にも懐かしのゲームが遊べる特典を付けるなどかなり頑張っているので、あとはユーザーがどう判断するかですね。


関連記事
スイッチの有料オンラインサービス、何割のユーザーが加入するか?アンケート結果が公開

Nintendo Switchの「とある人気ゲーム」にハマっていた記者、医師から「ゲーム依存症予備軍」と診断される





スポンサーリンク