image


集計期間:2018年6月18日~6月24日(メディアクリエイト調べ)


1. マリオテニス エース(Switch)NEW
123,774 /累計:123,774

2. New ガンダムブレイカー(PS4)NEW
63,790 /累計: 63,790

3. Minecraft (Switch)NEW
61,764 /累計: 61,764

4. スプラトゥーン2 (Switch)
14,747 /累計: 2,394,724

5. マリオカート8 デラックス(Switch)
10,296 /累計: 1,593,392

6. 星のカービィ スターアライズ(Switch)
6,720 /累計: 540,392

7. フェイト/エクステラ リンク(PS4)
6,499 /累計: 99,143

8. ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(Switch)
6,486 /累計: 1,024,630

9. ドンキーコング トロピカルフリーズ(Switch)
5,595 /累計: 177,123

10. スーパーマリオ オデッセイ(Switch)
5,136 /累計: 1,751,030


◆ハード販売台数
Switch/48,944
PS4/15,036
PS4 Pro/5,259
New2DS LL/3,796
New3DS LL/2,627
Vita/2,163
Xbox One X/509
2DS/389
Xbox One/38

[引用元:4gamer.net

<<先週の売上ランキング





今週の国内ゲーム販売本数ランキングは、Nintendo Switch『マリオテニス エース』が12.3万本を販売して首位を獲得。

前作となる、Wii U『マリオテニス ウルトラスマッシュ』の初週5.5万本、3DS『マリオテニス オープン』の初週10万本を上回る滑り出しとなりました。

Wii U版の売上はハード末期と重なったこともあり伸び悩みましたが、今回の『マリオテニス エース』はスイッチの勢いもあって、長く売れ続けるタイトルになりそうだ。




Nintendo Switch版のパッケージ版『Minecraft(マインクラフト)』は初週6.1万本を販売して第3位にランクイン。

同じくパッケージ版が発売された、Wii U版の初週2.2万本、PS VITA版の初週3.6万本を大幅に上回る初動となっています。

こちらも定番タイトルとして息の長いタイトルになるでしょうし、累計100万本も十分に狙えるかと思います。



スポンサーリンク