image




発売から7年を迎え、ニンテンドースイッチへの移行が加速している「ニンテンドー3DS」の今後について、任天堂の古川俊太郎社長が京都新聞のインタビューにてコメントしています。


image


発売から7年がたった携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」は「商品として長くなったが、買い求めやすさなどの面でスイッチよりも優位性はある」と説明。

スイッチも持ち運びが可能だが、当面は住み分けしていくとした。後継機については「いろいろな可能性を検討している」と述べるにとどめた。


[引用元:kyoto-np.co.jp



古川社長は以前にも、1つのハードだけに依存する今の任天堂に対する危機感から、スイッチ以外のビジネスを育てる「脱スイッチ依存」を掲げていました。

なので本音としては、3DSの後継機も選択肢の一つとして残しておきたいという部分もあるのでしょう。

ただ今のところ、スイッチ以外のビジネスとして「スマホの売上高1000億円目標」を強調しているので、当面はスイッチを主軸に、3DSを引っ張りつつスマホの売上を伸ばしていくという計画になるかと。

まあ任天堂のことなので、据置機とも携帯機とも違う、全く新しいコンセプトのハードを開発している可能性もあり得るもで侮れないのですが。


関連記事
スイッチの成功によって、3DSの後継機は必要なくなるか?任天堂 君島社長がコメント

3DSの5月のソフトラインナップは0本。ハード末期が顕著に

任天堂 宮本茂「これまでハードのサイクルは5〜6年程だったが、スイッチはもっと続くようにできれば…」






スポンサーリンク