image


集計期間:2018年7月2日~7月8日(メディアクリエイト調べ)


1. マリオテニス エース(Switch)
32,697 /累計:205,614

2. Minecraft (Switch)
19,148 /累計: 106,685

3. スプラトゥーン2 (Switch)
16,362 /累計: 2,427,352

4. ザンキゼロ(PS4)NEW
15,541 /累計: 15,541

5. マリオカート8 デラックス(Switch)
12,090 /累計: 1,616,256

6. ザ・クルー2(PS4)
9,740 /累計: 27,325

7. ザンキゼロ(Vita)NEW
9,111 /累計: 9,111

8. 星のカービィ スターアライズ(Switch)
6,833 /累計: 553,604

9. ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(Switch)
6,322 /累計: 1,037,095

10. スーパーマリオ オデッセイ(Switch)
5,333 /累計: 1,761,421


◆ハード販売台数
Switch/44,237
PS4/12,608
PS4 Pro/5,226
New2DS LL/3,965
Vita/3,444
New3DS LL/2,739
2DS/528
Xbox One X/47
Xbox One/41


[引用元:4gamer.net






今週の国内ゲーム販売本数ランキングは、Nintendo Switch『マリオテニス エース』が3.2万本を販売して3週連続で首位を獲得。累計では20万本を突破しました。

また、Nintendo Switch版『Minecraft 』も1.9万本を販売。こちらは累計10万本を突破しています。




『ダンガンロンパ』シリーズの開発スタッフによる、新次元・新感覚ノンストップ残機サバイバルRPG、PS4/Vita『ザンキゼロ』は初週合計2.4万本。

PSP『ダンガンロンパ1』の初週2.5万本とほぼ同等の滑り出しですが、PSP『スーパーダンガンロンパ2』の初週6.9万本、PS4/Vita『NewダンガンロンパV3』の初週11万本には届かず。

新規IPとしてはこんなものかなという印象ですが、『ダンガンロンパ』の1作目はジワ売れで大きく売上を伸ばし人気シリーズとして定着したので、『ザンキゼロ』もどこまで数字を伸ばせるのか今後の推移に注目したいところ。




スポンサーリンク