image




これまでPSプラットフォームを中心に展開されてきた『龍が如く』シリーズ。

本シリーズがNintendo SwitchやXboxOne向けにリリースされる可能性について、『龍が如く極2』でプロデューサーを務めた佐藤 大輔氏がコメントしています。

フランスのゲームメディアGameBlogのインタビューに応じた佐藤氏によると、「Wii Uの『龍が如く1&2 HD』は大失敗でした。」と、2012年にWii U向けに移植されたタイトルが失敗に終わったことを説明。


image



そして「ニンテンドースイッチに関しては、龍が如くを開発するプラットフォームとして理想的ではないと確信しています。おそらく一般の人々はスイッチでこの手のゲームを期待しておらず、彼らは別のゲームに慣れていると思います。」と、『龍が如く』のスイッチ版には消極的な姿勢。

一方でXbox Oneについては、「Xbox Oneユーザーが「龍が如く」のようなゲームに興味を持っている可能性が高いことを考えれば、それを検討する可能性があります。」と、こちらは検討の余地はあると考えているようです。

Wii U版の失敗を未だに引きずっているのか、単純にハードの性能上の問題なのか。いずれにせよ今のところスイッチで『龍が如く』を展開する気はなさそうな感じですね。




関連記事
元SMAP中居正広、「ニンテンドークラシックミニ」に興味津々。『龍が如く』にもハマる




スポンサーリンク