image



ゲオホールディングスが、2018年7月30日~8月5日の新品ゲームソフト週間売上ランキングを公開。

ニンテンドー3DS用ソフト『世界樹の迷宮X(クロス)』が首位を獲得しました。



1位. 世界樹の迷宮X (3DS)NEW
2位. プロ野球 ファミスタ エボリューション(Switch)NEW
3位. メイド イン ワリオ ゴージャス(3DS)NEW
4位. 太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!(Switch)
5位. OCTOPATH TRAVELER (Switch)
6位. サガ スカーレット グレイス 緋色の野望(PS4)NEW
7位. フライデー・ザ・サーティーンス:ザ・ゲーム(PS4)NEW
8位. Minecraft (Switch)
9位. マリオテニス エース(Switch)
10位. サガ スカーレット グレイス 緋色の野望(Switch)
NEW

[引用元:famitsu.com



新作が多くリリースされた今週のトップに輝いたのは、3DS『世界樹の迷宮X(クロス)』でした。3DSタイトルが1位を獲得するのは、2017年12月以来、33週間ぶりとのこと。

またバイヤーコメントによると、3DS末期での発売という事もあり販売予想を少なめに見積もっていましたが、予想を大幅に上回る結果となったそうです。

そして3DS『メイド イン ワリオ ゴージャス』も3位にランクイン。久々に3DSが存在感を示すランキングとなっています。

PS4とSwitchで同時発売された『サガ スカーレット グレイス 緋色の野望』は、PS4版が6位、Switch版が10位とPS4版に軍配が上がりました。



関連記事
アトラス、3DS『世界樹の迷宮X』が人気で品薄になっていることをお詫び

任天堂 古川社長、3DSの後継機について「色々な可能性を検討している」




スポンサーリンク