image



コロプラの決算説明会にて、現在開発中の『白猫プロジェクト』のニンテンドースイッチ版『Shironeko New Project(仮)』について、同社の子会社であるエイティングが開発を手がけていることが明らになっています。





エイティングの開発実績は、PS4『仮面ライダー クライマックスファイターズ』、3DS『プロ野球 ファミスタ クライマックス』などのほか、Switch『星のカービィ スターアライズ』や3DS『とびだせ どうぶつの森 amiibo+』などのミニゲーム部分を委託開発するなどしています。


エイティング | 開発実績

image



なおニンテンドースイッチ版の開発費については、「比較的スマホ向けと変わらない」とのこと。

スマホ版並みの開発費ということは、ティザー映像の美しいグラフィックの印象とはかなり差がありそうですね。ゲーム映像などの続報に期待したい。


関連記事
任天堂とコロプラは和解していなかった。任天堂広報は「ゲームソフト販売と訴訟は別」と説明




[引用元:gamebiz.jp

スポンサーリンク