image




中国での事前予約数が100万本を突破したと報じられていた、PC版『モンスターハンター:ワールド』が、中国政府の要請により発売から僅か数日で販売停止となったことが明らかになりました。販売再開時期は未定。


中国Tencentが展開するPCゲーム配信プラットフォームWeGameは8月13日、PC版「怪物猟人(邦題『モンスターハンター:ワールド』)」の販売を中止すると告知した。販売は8月13日8時をもって終了し、購入者に対しては全額返金および、30元(約480円)以上のバウチャーを提供する。販売再開時期は未定。

 販売停止の理由は、中国政府が停止を命じたため。告知によれば「モンスターハンター:ワールド」は、中国政府が定める規制要件に完全に準拠していないため、所轄部門の要請により販売を停止する、としている。

 これを受けてWeGameでは、ゲーム本編および全DLCの販売を終了し、サービスを停止。購入者に対して全額返金を行なう。払い戻し受付期間は8月20日8時までで、払い戻しを受けない場合、今後のサービスは保証できないとしている。また、お詫びとして購入者全員に30元以上のバウチャーを提供する。





[引用元:game.watch.impress.co.jp



販売停止の理由は、政府が定める「規制要件」に完全に準拠していない為とのことで、要するに政府の検閲に引っかかったということになります。

しかし発売から数日で販売停止というのはかなり強引というか、中国国内で予想外の人気になったことから急に問題視しだしたとしか思えない。

政府の気まぐれで簡単に販売停止にできてしまうというのも恐ろしい話だ…。




スポンサーリンク