image



2018年9月後半より開始予定の、Nintendo Switchの有料オンラインサービス「Nintendo Switch Online」。

本サービスの機能に、「セーブデータお預かり機能」というものがありますが、『Splatoon 2(スプラトゥーン2)』『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ/イーブイ』『ダークソウル リマスター』といった一部のタイトルには対応していないことが明らかになっています。

なぜこれらのタイトルが非対応なのか、任天堂がその理由についてコメントしています。

※「セーブデータお預かり機能」とは、本体内のセーブデータをインターネット経由でバックアップして、万一の故障時にもデータの消失を防ぐことができる機能です。


image



任天堂によると、まず「大半のNintendo Switchタイトルは、クラウドセーブ機能に対応します。」と、あくまでも非対応となるのは一部のタイトルであると強調。

対応しないタイトルについて、「特定のゲームでは、この機能によって、他プレイヤーと交換したアイテムを取り戻すことや、失われたオンラインマルチプレイヤーランキングを元に戻すことが可能になってしまいます。フェアプレーを確実にするために、そのようなゲームではクラウドセーブに対応しないことがあります。」と、ゲームデータに不当な影響が出ることを懸念しての措置だそうです。


*****************


理由としては納得できるものではあるけど、やはり対応しないタイトルがあるというのは残念ですね。ましてや『スプラトゥーン2』や『ポケモン』のような母数の大きなタイトルとなると尚更。

あと『ダークソウル リマスター』なんかは他機種だとクラウドセーブに対応しているので、何故スイッチ版だけ非対応なのかはちょっとよく分からない。


関連記事
任天堂の有料オンラインサービス、『フォートナイト』『ポケモンクエスト』など基本無料タイトルは非加入でもプレイ可能

スイッチの有料オンラインサービス、何割のユーザーが加入するか?アンケート結果が公開



[引用元:gameinformer.com

スポンサーリンク