image


集計期間:2018年9月10日~9月16日(メディアクリエイト調べ)


1. マーベル スパイダーマン(PS4)
80,832 /累計:205,986

2. シャドウ オブ ザ トゥームレイダー(PS4)NEW
32,172 /累計:32,172

3. スプラトゥーン2(Switch)
14,094 /累計:2,618,333

4. Minecraft (Switch)
13,479 /累計:277,745

5. Nintendo Labo Toy-Con 03:Drive Kit (Switch)NEW
11,659 /累計: 11,659

6. マリオカート8 デラックス(Switch)
10,689 /累計: 1,757,864

7. NBA 2K19 (PS4)
9,536 /累計:13,215

8. ウイニングイレブン 2019(PS4)
9,466 /累計:103,695

9. コナン アウトキャスト(PS4)
8,528 /累計:68,757

10. UNDERTALE(Switch)NEW
5,990 /累計:5,990


◆ハード販売台数
Switch/38,738
PS4/12,057
PS4 Pro/4,959
New2DS LL/4,684
New3DS LL/2,248
Vita/1,973
2DS/359
Xbox One X/159
Xbox One/58


[引用元:4gamer.net

<<先週の売上ランキング





今週の国内ゲーム販売本数ランキングは、『Nintendo Labo』シリーズ第3弾『Nintendo Labo Toy-Con 03:Drive Kit』が初週1.1万本を販売して第5位にランクイン。

シリーズ第1弾『Toy-Con 01:Variety Kit(バラエティキット)』の初週9万本、第2弾『Toy-Con 02: Robot Kit(ロボットキット)』の初週2.8万本から大幅に数字を落とす結果となりました。

個人的には『ロボットキット』と大体同じくらいになると予想してましたが、思ったより少なかったですね…。

さすがに前作から半年も開けずに新作リリースというのは早すぎた気もしますが、結果的には第1弾に人気が集中すること形になりました。




Nintendo Switch版『UNDERTALE(アンダーテール)』は初週5990本を販売して10位に初登場。

こちらはダウンロード版が1600円とパッケージ版の半値以下で購入できるので、PS4版やPS Vita版と同様にダウンロード版の比率の方が高くなっていると思われます。



関連記事
任天堂 君島社長、『Nintendo Labo』の売上が悪いとの報道に対して言及

スポンサーリンク