image


集計期間:2018年9月24日~9月30日(メディアクリエイト調べ)


1. 無双OROCHI 3(PS4)NEW
100,831 /累計:100,831

2. 英雄伝説 閃の軌跡IV -The End of Saga-(PS4)NEW
85,161 /累計: 85,161

3. FIFA19(PS4)NEW
57,772 /累計: 57,772

4. 無双OROCHI 3(Switch)NEW
23,660 /累計: 23,660

5. ドラゴンボール ファイターズ(Switch)NEW
23,202 /累計: 23,202

6. マーベル スパイダーマン(PS4)
22,751 /累計: 266,802

7. うたわれるもの斬(PS4)NEW
21,316 /累計: 21,316

8. FIFA19 (Switch)NEW
16,200 /累計: 16,200

9. すばらしきこのせかい -Final Remix-(Switch)NEW
14,216 /累計: 14,216

10. Minecraft (Switch)
13,483 /累計: 304,544

***************

戦場のヴァルキュリア4(Switch)NEW
5,596 /累計:5,596


◆ハード販売台数
Switch/42,957
PS4/15,322
New2DS LL/5,218
PS4 Pro/5,084
Vita/2,675
New3DS LL/1,978
2DS/310
Xbox One X/52
Xbox One/23


[引用元:4gamer.net

<<先週の売上ランキング





今週の国内ゲーム販売本数ランキングは、PS4/Nintendo Switch用ソフト『無双OROCHI 3』が初週合計12万本を販売して首位を獲得。

前作PS3『無双OROCHI 2』の初週20万本から半減する結果となりました。

機種別では、PS4版が10万本、Switch版が2.3万本と、初動はPS4版の方に集中した模様。任天堂プラットフォームでは、コラボ無双以外のシリーズの実績が乏しいとはいえ、思いのほか差が開きましたね。





FIFA19』は、PS4版が初週5.7万本、Switch版が1.6万本と、こちらもPS4版に集中。

スイッチ版『FIFA18』が好調だったので、もう少し売れると思っていたのですが…。といっても、前作もPS4版が初週5.5万本で、Switch版は初週1.2万本でしたが、累計ではSwitch版が上回っているので、今回も同じような結果になる可能性が高いわけですが。





Switch版『ドラゴンボール ファイターズ』は初週2.3万本。2018年2月に発売されたPS4版の初週6.8万本には届かず。

Switch版『すばらしきこのせかい -Final Remix-』は初週1.4万本。10年前に発売されたDSソフトからの移植としてはまずまずの滑り出しでしょう。

また、Switch版『戦場のヴァルキュリア4』は初週0.5万本。こちらも2018年3月に発売されたPS4版の初週6.2万本には届きませんでした。

こうやって見ると、新作ソフトのリリースが集中して、食い合いが起きた印象を受けますね。



スポンサーリンク