image



任天堂が家庭用ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」の新型を来年2019年にも投入予定であることをTHE WALL STREET JOURNALが報じています。

サプライヤーや事情を直接知る複数の関係者によって明かされました。





新型スイッチがどのような機能になるのかは現在も協議が続いているそうですが、より高品質なディスプレイの搭載が選択肢に入っているそうで、これにより画面が明るく薄くなり、バッテリーの消費も抑えられるようになるとのこと。

関係者によると、2019年後半、早ければ夏にも投入される可能性があるそうです。

なお、この件について任天堂の広報担当者に問い合わせたところ、「コメントを差し控える」としています。


**********


まあ新型スイッチに関しては、いつかは出る可能性が高いわけで、3年目に入る2019年に投入されるとしても不思議ではないでしょう。

あとは現行モデルからの改良版になるのか、大幅なモデルチェンジをするのか。

スイッチの場合は本体のサイズが少し変わるだけでも、Joy-ConやJoy-Conグリップ、ドックの設計までも見直す必要が出てくるので大変そうだ。

いずれにせよ現時点では噂の域を出ないので、任天堂から発表があるのを待つとしましょう。


関連記事
ニンテンドースイッチ、当面は「新型」投入の予定はないとの噂


Nintendo Switch 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALセット
任天堂 (2018-11-16)
売り上げランキング: 29

Nintendo Switch Online利用券(12か月)|オンラインコード版
任天堂 (2018-09-19)
売り上げランキング: 21


スポンサーリンク