image



米国任天堂が7月に、ゲームのROM配布サイトを運営するJacob Mathias氏とMathias Designs社を相手に、著作権侵害で訴訟を起こしていた問題について、最終的に1223万ドル(約13億9000万円)を支払う形で合意へ向かっていることが報じられています。

問題となったサイトは、「LoveROMS.com」と「LoveRETRO.co」というゲームソフトのROMを無料配布する違法サイト。

ファミコンからWiiまで、歴代の任天堂ハードで発売されたタイトルを配布しており、訴訟が報じられた7月に閉鎖しています。


image



任天堂はこれらのサイトが著作権侵害、商標権侵害、不正競争にあたるとして、両サイトの閉鎖と、侵害されたゲームごとに15万ドル(1600万円)、各商標の侵害に最高200万ドル(2億2000万円)の賠償金を求めていました。


*************


ということで、この件に関してはあっさりと決着がつきそうですね。

これまで野放し状態になっていたROM配布サイトですが、今回多額の損害賠償金が発生するという事例が出たことで、他の違法サイトへの大きな抑止力にもなりそうです。


関連記事
ホリエモン、任天堂のコロプラ特許訴訟に「特許ゴロ。世の中の進歩を阻害する。銭ゲバ任天堂」

任天堂とコロプラは和解していなかった。任天堂広報は「ゲームソフト販売と訴訟は別」と説明


ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ
任天堂 (2016-11-10)
売り上げランキング: 85



[引用元:denfaminicogamer.jp

スポンサーリンク