image



NPDグループ調べによる、2018年10月の米国ゲーム市場売上ランキングが公開。


◆2018年10月 米国ゲーム販売本数ランキング


1. Call of Duty: Black Ops IIII
2. レッド・デッド・リデンプション2
3. Assassin’s Creed: Odyssey
4. NBA 2K19
5. スーパー マリオパーティ
6. ソウルキャリバーVI
7. FIFA 19
8. Marvel’s Spider-Man
9. Madden NFL 19**
10. WWE 2K19
11. Forza Horizon 4
12. Lego DC Super Villains
13. My Hero One’s Justice
14. Shadow Of The Tomb Raider
15. マリオカート8 デラックス
16. Grand Theft Auto V
17. スーパーマリオ オデッセイ
18. Diablo III
19. ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
20. NHL 19


[引用元:venturebeat.com


2018年10月の米国ゲーム販売本数ランキングは、『Call of Duty: Black Ops IIII』が首位を獲得。もう一つの大型タイトル『レッド・デッド・リデンプション2』は第2位となりました。

どちらもシリーズの記録を塗り替える爆発的な売上本数を記録し、市場を大きく牽引しました。

そして先月、初登場9位にランクインしていた、Nintendo Switch用ソフト『スーパー マリオパーティ』は今月は第5位へと上昇。

『マリオパーティ』シリーズとしては、初代N64『マリオパーティ』、Wii『マリオパーティ8』に次いで、歴代3番目に速い売上を記録したとのこと。


スーパー マリオパーティ - Switch
任天堂 (2018-10-05)
売り上げランキング: 14

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch
任天堂 (2018-12-07)
売り上げランキング: 1



スポンサーリンク