image



米任天堂は、米国の年末商戦の幕開けを告げる「ブラックフライデー」にあたる11月22日〜26日までの5日間に、Nintendo Switchの販売台数が、Wiiの週間販売台数を上回り過去最高を記録したことを発表しました。

「ブラックフライデー」とは、11月の第4木曜日(感謝祭)の翌日にあたる日のことで、この日から小売店などで大規模なセールが実施されます。ゲーム業者では、ブラックフライデーからクリスマスまでの期間だけで、米国における年間売上の大半を占めるとも言われています。





米任天堂が公開した5日間の売上高データによると、Nintendo Switch本体の販売台数は前年同期の約2倍となる115%増加。任天堂タイトルの販売本数(DL版含む)は100万本(前年比78%増)を突破しました。

またこれにより、米国でのNintendo Switchの累計販売台数が820万台を突破したとのこと。

個別タイトルでは、『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・イーブイ』が150万本、『スーパー マリオパーティ』はシリーズ史上最速で100万本を達成しています。


**************


当初は、目玉タイトルを連発して最高のスタートを切った1年目に比べると、2年目は失速するとの予測もありましたが、なんだかんだ1年目を上回る勢いとなりました。まあ昨年は品薄の影響もまだあったので一概に比較はできませんが。

12月は『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』というビッグタイトルも控えていますし、とりあえず今年の年末商戦の成功は約束されたようなものでしょう。



ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ- Switch
任天堂 (2018-11-16)
売り上げランキング: 4

スーパー マリオパーティ - Switch
任天堂 (2018-10-05)
売り上げランキング: 8



[引用元:japanese.engadget.com

スポンサーリンク