image



海外ゲームメディアEurogamerが、「任天堂は毎年、Nintendo Switch向けにゼルダの伝説シリーズを展開する予定だ」と主張。

ニンテンドースイッチ向けのゼルダタイトルは、2017年に『ブレス オブ ザ ワイルド』、2018年に『ハイラルオールスターズDX』が発売されたが、2019年もなんらかのタイトルが発売されるだろうとしています。

実際、任天堂は2013年にWii U用ソフト『ゼルダの伝説 風のタクトHD』を発売して以降、リメイクや移植を含め毎年なんらかのゼルダタイトルを投入し続けています。


2013年
・ゼルダの伝説 風のタクト HD(Wii U)
・ゼルダの伝説 神々のトライフォース2(3DS)

2014年
・ゼルダ無双(Wii U)

2015年
・ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D (3DS)
・ゼルダの伝説 トライフォース3銃士(3DS)

2016年
・ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ(3DS)
・ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD (Wii U)

2017年
・ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(WiiU/Switch)
・追加DLC「試練の覇者」「英傑たちの詩」

2018年
・ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ DX (Switch)


image



こういった流れを踏まても、任天堂は毎年なんらかのゼルダタイトルをリリースしようとしている可能性が高く、来年以降もそれが続くだろうと考えられます。

さすがに3Dゼルダの完全新作となると来年は厳しいでしょうが、2Dゼルダの方は長らく発売されていません。Wii Uの『風のタクトHD』や『トワイライトプリンセスHD』をスイッチに持ってくるなど、リメイク出来そうなタイトルは他にもあるでしょう。

なお、先週あった『スカイウォードソード』発売の噂については、「現時点では予定にない」と任天堂から否定されています。


関連記事
米国ゲーマーが選ぶ!歴代『ゼルダの伝説』シリーズ全作品の名作ランキング公開!最下位はまさかの…



ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ DX - Switch
コーエーテクモゲームス (2018-03-22)
売り上げランキング: 451



[引用元:nintendoeverything.com


スポンサーリンク