image


集計期間:2018年12月17日~12月23日(メディアクリエイト調べ)


1. 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL(Switch)
452,617 /累計:2,079,769

2. スーパーマリオパーティ(Switch)
155,060 /累計: 742,355

3. ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ/イーブイ(Switch)
144,770 /累計: 1,265,790

4. ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島(PS4)NEW
110,285 /累計: 110,285

5. ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島(Switch)NEW
97,673 /累計: 97,673

6. Minecraft (Switch)
48,359 /累計: 479,769

7. マリオカート8 デラックス (Switch)
47,096 /累計: 1,958,270

8. スプラトゥーン2 (Switch)
41,405 /累計: 2,809,117

9. JUDGE EYES:死神の遺言(PS4)
37,643 /累計: 185,889

10. ゴッドイーター3 (PS4)
25,039 /累計: 175,562



◆ハード販売台数
Switch/278,701
PS4/57,948
New2DS LL/19,096
PS4 Pro/17,845
New3DS LL/7,116
Vita/3,939
2DS/724
Xbox One X/195
Xbox One/182


[引用元:4gamer.net





年末商戦によって大いに盛り上がった今週のゲーム販売本数ランキングは、Nintendo Switch『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』が45万本を販売して3週連続で首位を獲得。

先週から更に週販を伸ばし、早くも累計200万本を突破しました。Nintendo Switchとしては、『スプラトゥーン2』に続いて2本目のダブルミリオンタイトルとなりました。




『ドラクエ ビルダーズ』シリーズ最新作、PS4/Switch『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』は初週合計20万本と、大ヒットした1作目の初週37万本から半減。

機種別では、PS4版が11万本、Nintendo Switch版が9.7万本と、PS4版が僅かに多いという結果になりました。Switch版については、他の人気タイトルとの競合によって、売上が分散したとも言えそう。

ただ全体的にSwitch版の方が長く売れるという傾向があるので、最終的には逆転する可能性が高いかと。




HDリマスター版『鬼武者』は、PS4版が2.1万本を販売して13位にランクイン。Switch版は20位圏外となっています。

また、Switch版『塊魂アンコール』は初週1.1万本を販売して17位にランクインしました。




スポンサーリンク