image



FDG Entertainmentは、『Monster Boy and the Cursed Kingdom (モンスターボーイ 呪われた王国)』の販売実績について公式Twitterにて報告しました。




本作は、2018年12月4日にNintendo Switch/PS4/Xbox One/PC向けに発売された、横スクロールアクションアドベンチャーゲームです。

ツイートによると、「Nintendo Switchは私達を驚かせ続けている。これまでで最も収益性の高いコンソールビジネスです」とコメント。

そして、なんとNintendo Switch版の1機種と他機種合計の販売比率は、8:1でSwitch版の販売本数が大幅に上回ったそうです。

次々とインディーメーカーが好調を報告しているNintendo Switchですが、ここまで圧倒的な差がつくとは驚き。もはやインディーにとって最も優先するプラットフォームになっていることが分かりますね。


関連記事
スクエニ、『オクトパストラベラー』は想定以上の売上!特に欧米で人気。第2弾も「やっていきたい」

Nintendo Switchはインディー作品がよく売れる?複数のデベロッパーがスイッチ版の好調を報告







スポンサーリンク