image



2018年9月19日より正式スタートとなった、ニンテンドースイッチの有料オンラインサービス「Nintendo Switch Online」。

これにより、1ヶ月300円/3ヶ月800円/12ヵ月2400円の会員費が必要となる為、ユーザー離れが懸念されていましたが、「Nintendo Switch Online」の現時点での加入数は800万アカウント(無料体験を除く)超えとなっていることが任天堂の決算説明会にて明かされています。


image



Nintendo Switch本体の世界累計販売台数は現在3000万台。800万アカウントの中にはファミリープランも含まれているので一概には言えませんが、とりあえず単純計算で3〜4割くらいの加入率ということになります。

これが多いのか少ないのかは意見が分かれるところですが、滑り出しとしては悪くないかなと。勿論まだまだ満足できる数字ではないと思います。

半分以上のユーザーが12ヶ月プラン(2400円)を選択しているとのことなので、まずは1年単位でサービス内容の拡充を図って欲しいところ。


関連記事
スイッチのオンライン有料化で不満が続出。ネットでは「引退する」などの声も

任天堂 古川社長「Nintendo Switch Onlineの初動は順調。年単位で時間がかかるがサービス内容をもっと充実させたい」





スポンサーリンク