image



昨年10月、任天堂が家庭用ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」の新型を2019年夏にも投入予定であることがTHE WALL STREET JOURNALより報じられました。

その続報の記事が公開。新型スイッチは2種類が用意されており、実際に現物を見た人達は「形に驚くと思うよ」とコメントしているそうです。






前回の報道では、より高品質なディスプレイの搭載が選択肢に入っていること、これにより画面が明るく薄くなり、バッテリーの消費も抑えられるようになると報じられました。

今回の続報では、2種類が発売され、皆が想像しているような形にはならないとのことです。

今年夏といったらそれほど遠い話でもないですが。WSJそこまでハードル上げて大丈夫なのだろうか?

あと4月には、『Nintendo Labo (ニンテンドー ラボ) Toy-Con 04: VR Kit』も発売されるわけですが、これってJoy-Conの形や大きさが変わるとセンサーがズレて使えなくなると思いますが。まあ当然、新型の検討くらいはしてるだろうけど。


任天堂 古川社長「スイッチの後継機種や値下げは考えてない。今の販売の主眼はスイッチ」



Nintendo Labo (ニンテンドー ラボ) Toy-Con 04: VR Kit -Switch
任天堂 (2019-04-12)
売り上げランキング: 57


スポンサーリンク