image



先日、THE WALL STREET JOURNALより、任天堂が2019年夏にもNintendo Switchの新型を投入予定であると報道されました。

新型スイッチは2種類のモデルが用意されており、一つはPS Pro的な高性能モデル、一つは携帯モードに特化したニンテンドー3DSの後継機的なモデルになる報じられています。

そして海外メディアEurogamerも独自ソースの取材を元に、WSJの情報をバックアップする記事を掲載。報道の通り、新型スイッチは「ニンテンドー3DS」の後継機に位置付けられる安価モデルになるだろうとしています。





いや、WSJ記者の望月氏のコメントの「ありがたい。」って…。

みんなに嘘つき呼ばわりされて余程落ち込んでたのでしょうか。別に本当か嘘かを多数決で決めてるわけじゃないので、味方が現れて安心されても困りますが(笑)

出すとしたら、『ゼルダの伝説 夢をみる島』、『ポケットモンスター ソード・シールド』、『どうぶつの森 最新作』などの目玉タイトルに間に合わせることで、年末商戦での爆発的な売上増加に期待できると思うけど、果たしてどうなるでしょうか。




スポンサーリンク