image



実家の屋根裏を整理していた米国の男性が、30年前の任天堂の未開封ゲームソフトを発見。競売サイトで9000ドル(約96万円)の価値が付いたとして話題になっています。

ゲームを発見したのはスコット・アモスさん(40)。実家の屋根裏で子供時代のおもちゃを整理していたところ、フィルム梱包され百貨店の袋に入ったままの『Kid Icarus(パルテナの鏡)』のゲームソフトを発見しました。

また、一緒に見つかったレシートには、購入当時の1988年12月の日付が記載されていました。


image
image
image
image



何故、未開封のゲームソフトが屋根裏に30年も眠っていたのか?

おそらく母親がクリスマスプレゼント用に購入したものの、子供達に渡すのを忘れたままでいたからではないかと推測しています。

今回発見されたゲームソフトは、保存状態も非常に良く96万円と査定。売却したお金については、家族でディズニー旅行に行くことに決めたとのこと。


****************


子供の頃にクリスマスプレゼントとして受け取っていたら、それはそれで少年時代の彼にとって良い思い出になったでしょうけど、しかし96万円かぁ…。

これは渡すのを忘れていた母親のお手柄としか言いようがないですね。



ルイージマンション3 -Switch
任天堂 (2019-10-31)
売り上げランキング: 86





[引用元:cnn.co.jp

スポンサーリンク