image



深刻な品薄状態となっている任天堂のゲーム専用機「Nintendo Switch」を求めて、家電量販店「ヨドバシカメラ」に転売ヤーが殺到しパニック状態になっていることが報じられています。

4月7日より東京、大阪など7都道府県にて緊急事態宣言が発令。不要普及の外出や3密を避けるよう何度も呼びかけられている中、転売屋が超3密状態で押しかけパニックになる様子が問題となっています。



「Nintendo Switch」入荷のたびに転売ヤーが店頭に殺到

「記事では秋葉原店や上野店のパニック寸前の様子が写されていますが、転売ヤーが殺到するのは、この2店舗だけではありません。都内の大規模店舗には常に転売ヤーがいる。僕らは日用家電が本当に必要な人たちのために営業を続けているわけで、感染のリスクがある現在でも店頭に立つのは、そういう自負があるからなんです。

 しかし現状は、『Nintendo Switch』の入荷のたびに転売ヤーが店頭に殺到し、“超3密”状態が発生する。感染の可能性を結果的に上げてしまっているんです。忸怩たる思いですよ」(ヨドバシカメラ関係者)

image
image



都内某店舗に勤めるヨドバシカメラ関係者は「もう新型コロナウイルスに感染しているものだと思っている」と心中を吐露した。


[引用元:文春オンライン



にわかに信じがたい光景。従業員からするとここで働くことに恐怖を感じるのは当然のこと。

転売して高く売るだけでも十分悪なのに、さらにコロナの感染拡大も助長させているという、もはや救いようのない行為ですな。

止めろと言って止めてくれるような連中ではないし、店側の対策だけは限界があるようです。マスクと同じようにオークションサイト側で高額取引を排除できないんですかね。




スポンサーリンク