image



発売当初から多数報告されている、Nintendo SwitchのJoy-Conの誤作動問題について、任天堂の古川俊太郎社長が正式にお詫びをしています。

操作をしていないのにJoy-Conのアナログスティックが勝手に動くといった不具合が発生しているこの問題は、米国では集団訴訟に発展するなどしていました。

そして古川社長は株主総会の質疑応答にて初めて公の場でこの問題に言及し、「Joy-Conに関して、お客様にご迷惑をおかけしていることをお詫び申しあげます。」とコメント。

また現在は米国で集団訴訟の係争中の案件になっている関係で「具体的な対応についてはコメントを差し控える」としつつ、「製品の改良については継続的に取り組んでいます。」と問題の解決に向けて取り組んでいることを明かしました。


*****************


技術的なことは分からないけど、既に発売から3年以上も経ってて、これだけ不具合が相次いでいるにも関わらず未だ改善されないところを見ると、やはりスイッチの設計自体に根本的な原因がありそうですね。

やはり本体に取り外し可能という特殊な設計が関係しているのでしょうか。だとするとNintendo Switch Liteの方が不具合のリスクは低かったりするのかな?

買い換えるにも安い買い物ではないので、可能なら保証期間が過ぎても無償交換に対応してくれるとありがたいんだけど、難しいんですかね。


任天堂、Nintendo SwitchのJoy-Con不具合問題。無償修理に対応か



スポンサーリンク