image


2017年にWii U/NXより発売予定の『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』。本作に続くゼルダシリーズの構想について、任天堂の青沼英二氏がIGNのインタビューにてコメントしています。

www.ign.com

青沼氏によると、「ブレス オブ ザ ワイルドの開発で学習したことを、別のマルチプレイのゼルダ作品に生かす方法を模索したい。」とコメント。『4つの剣』や『トライフォース3銃士』など他のマルチプレイ要素を持つゼルダ作品を例に挙げつつ、ゼルダシリーズにおけるマルチプレイの実験は続けていくと語りました。

image



『トライフォース3銃士』は賛否両論あったけれど、新たなゼルダの可能性を感じるものではあったし、個人的にはこれで終わりにせず今後も続けて欲しい。

本作の開発コンセプトの中に『ゼルダのアタリマエを見直す』というのがありました。その中に『ひとりで黙々と遊ぶ』というのがありましたが、今回の『ブレス オブ ザ ワイルド』はシングルプレイに特化した内容になっています。

世界的にもシングルプレイ専用の大作タイトルって少なくなってきてますし、任天堂としても将来的には本編ゼルダにも何らかのマルチプレイ要素を持たせたいという考えはあったのかもしれませんね。

それが正しいかどうかはともかく、あらゆる可能性を模索するのは良いことだと思います。


関連記事: Wii U『ゼルダの伝説 最新作』が「オープンワールド」と言われる事のジレンマ





スポンサーリンク