image



任天堂の新型ゲーム専用機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」の本体保存メモリが32GBであることが任天堂公式サイトより明らかになっています。


◆本体保存容量は32GB


Nintendo Switch公式サイトに掲載されている情報によると、ニンテンドースイッチの本体ストレージ容量は32GB(システム領域を除くと実質25.9GB)。

またスイッチ本体にはmicroSDカードスロットが搭載されており、大容量のmicroSDXCに対応。最大で256GBまでの保存が可能になります。


image



ニンテンドースイッチの内部ストレージは32GBということで、やはり大容量は無理だったようですね。システム領域を除くと利用可能な容量は実質25.9GB。

足りない容量はmicroSDカードで補うという、まあこれが一番現実的な方法でしょう。

海外の大作タイトルなどは1本で40GB以上のソフトもあり、ダウンロード派だと明らかに足りなくなるので、追加のmicroSDの購入は検討しておいた方が良さそうですね。








関連記事
ニンテンドースイッチ、買った方が良さそうなアクセサリーや周辺機器は?

スポンサーリンク