image



トムス・エンタテインメントは、2019年4月に発売を予定している、Nintendo Switch向けダウンロード専用ソフト『名探偵コナン スケボーラン 怪盗キッドと神秘の秘宝』の公式サイトとゲーム映像を公開しました。

本作は、劇場版コナン第23弾『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』の公開を記念した、スリル満点の爽快スケボーランアクションゲームなのですが、その衝撃的なクオリティの低さが話題になっています。

ゲーム紹介映像はこちら↓



image
image
image
image
image


[引用元:公式サイト


なんと今回のコナンは、推理要素無しのスケボーアクション。

いくらキャラゲーとはいえ、平成も終わりを迎えようとしている今の時代に、ここまでクオリティの低いゲームは久し振りに見た気がする…。最近はインディーゲームですら、商業タイトルと遜色ないレベルのものが増えてきてますからね。

映画の公開に合わせて急いで作ったのだろうけど、それを差し引いても3,500円という強気な価格設定はどうかしてる気がする。むしろ内容よりも価格の方が問題でしょうね。

これでもコナンということで、ある程度は売れるたりするんだろうか?


劇場版 名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)
(2018-04-02)
売り上げランキング: 32,197

名探偵コナン (95) (少年サンデーコミックス)
青山 剛昌
小学館 (2018-10-18)
売り上げランキング: 3,528


スポンサーリンク