image



国内では2018年7月26日に発売が決定している、Nintendo Switch版『Wolfenstein II: The New Colossus(ウルフェンシュタインII:ザ ニューコロッサス)』。

本作の全ての内容をプレイするのに、インターネットに接続してゲームデータを追加ダウンロードする必要があることが明らかになっています。


image



同じく追加ダウンロードが必要なタイトルとして、『L.A.ノワール』や『NBA 2K18』などのほか、似た例で『バイオハザード リベレーションズ コレクション』が『2』だけがダウンロードコード同梱になっていたりします。





やはり海外の大型タイトルではこういったケースは今後も増えてきそうですね。

なお、本作のダウンロード版をDLする際の必要空き容量は23GBであることも明らかになっています。余裕を持ってDLしたいなら、microSDカードを購入しておいた方がいいかもしれません。




関連記事
ニンテンドースイッチ、本体メモリーとmicroSDとゲームカードではロード速度にどれくらい差が出るか?比較検証

ニンテンドースイッチ、本体保存容量は32GB、最大256GBの大容量microSDカードに対応




スポンサーリンク